2017.5.28

「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。」 (ローマ10:9)

聖書を読んでいて心に響くところがありました。民数記13章にある、約束の地への斥候の派遣と彼らの報告です。カナンの地を探った結果、ヨシュアとカレブは肯定的な報告をしましたが、あとの10人が否定的な報告をしました。その結果、民の心が萎え、結局40年の荒野での彷徨となりました。

イエスを主と告白するとは、イエスさまは神さまだと認めて信じることです。生活のすべての面で、イエスさまが中心のお方であり、イエスさまの教えを第一とするということです。自分中心の生き方をやめ、神さま中心の生き方に変わることです。

さらには、神さまはイエスさまを死からよみがえらせてくださったと信じなければなりません。それはイエスさまが、私たちの罪の身代わりとなったことによります。イエスさまが自分の罪の代わりに十字架で死んでくださったと信じるなら、あなたは救われます。神さまとの交わりに入り、神さまの子どもとされます。

イエスさまはよみがえりによって、ご自身が神さまであることを全世界に証されました。ですから、人を救うことがお出来になります。人は心に信じて神さまから正しい者と認められます。さらに、信じたことを口で告白して救われます。口で信仰を言い表すことには大きな意味があります。「人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。」(ローマ10:10)