2017.6.11

先週、聖書を通読していて、深く心に響いてきた箇所がありました。アッシリヤがユダに攻めて来て、アッシリヤの王セナケリブが将軍ラブ・シャケを通して言ったことに対し、ユダの王ヒゼキヤが祈った祈りです。滅亡の危機に瀕しているユダの王の、全能の神さまに対する信頼が伝わって来ます。長い箇所ですが引用します。

「ヒゼキヤは主に祈って言った。『ケルビムの上に座しておられるイスラエルの神、万軍の主よ。ただ、あなただけが、地のすべての王国の神です。あなたが天と地を造られました、主よ。御耳を傾けて聞いてください。主よ。御目を開いてご覧ください。生ける神をそしるために言ってよこしたセナケリブのことばをみな聞いてください。主よ。アッシリヤの王たちが、すべての国々と、その国土とを廃墟としたのは事実です。彼らはその神々を火に投げ込みました。それらは神ではなく、人の手の細工、木や石にすぎなかったので、滅ぼすことができたのです。私たちの神、主よ。今、私たちを彼の手から救ってください。そうすれば、地のすべての王国は、あなただけが主であることを知りましょう。』」(イザヤ37:14〜20)

生ける神さまは、アッシリヤの陣営の18万5千人を打ち、セナケリブ王は帰国して後、自分の命を失いました。