2017.7.30

「LIFELINEだより」からの引用です。

「時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。」 (Uテモテ 4:2)

委員会より財政状況について緊急のお願いをします。6月13日の定例委員会に於いて、会計担当の面先生より財務状況の危機的状況について報告があり、今後、半年間余りのシミュレーションが示され、委員一同緊張感を持って議論をしました。

すでに何十年もの間、静岡県の放送伝道を支え、導いてきた私たち協力会ですが、今までにも何度も財政危機が叫ばれた事があります。

支出の主なものは、テレビ局に払う毎月の放送料54万円、番組を制作している太平洋放送協会(PBA)へ製作費として3万円、毎月の「便り」発送、2カ月に一度の委員会の開催等がありますが、毎月の支払に対して繰越金を持ちながら放送を支えてきました。

しかし2017年度に入って、繰越金の下げ幅が、厳しい状況です。今まで(2015年以降)、一年を通じて3回程の個人による特別献金がありましたが、2016年度からは、それも途絶えています。

現在、繰越金が40万円を切りました。放送伝道が多様化し、インターネット、SNS等に代わっているのも要因かもしれません。

このまま推移しますと、3か月後には、57万円の送金ができなくなります。

それに対して委員会では、資料を持って教会訪問を各地区で始め、協力会の母体である教会にまず経済状況を知って頂き、なお一層の支援を要請する、同時に視聴率の良かった番組のDVDを本部(PBA)に作ってもらい、それで番組をあまり見たことのない教会にアッピールをする、事などを決議し、7月より実行しています。

(中略)どうぞ更なるご協力をお願いいたします。