2017.8.6

「だれも新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。そんなことをすれば、ぶどう酒は皮袋を張り裂き、ぶどう酒も皮袋もだめになってしまいます。新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるのです。」 (マルコ 2:22)

ぶどう酒は発酵するとき炭酸ガスを出すそうです。それで膨張します。昔は動物の皮をはぎ、それをなめして縫い合わせ、袋状にして作った物にぶどう酒や水を入れました。新しいぶどう酒は良く発酵するので、それだけ膨張も大きくなります。古い皮袋は弾力性がなくなっていますから、そこに新しいぶどう酒を入れたら、古い皮袋は新しいぶどう酒の膨張に堪えられずに破れてしまいます。発酵力の強い新しいぶどう酒は、弾力に富む新しい皮袋に入れた方が良いということになります。

これはたとえです。新しいぶどう酒とは、イエスさまによってもたらされた聖霊の働きを言っています。古い皮袋は律法、あるいは律法主義です。イエス・キリストの到来は、古い律法の枠を超えるものでした。イエスさまのもたらしたものは、公的なユダヤ教の儀式や伝承には収まらないものでした。福音のもたらした豊かさは、律法主義や禁欲主義といった束縛を打ち破るものでした。

それは、律法を廃棄しているのではなく、むしろ成就させているものです。聖霊の働きによって、律法の成しえなかったことを、福音は成し遂げたとも言えるものです。

主イエスと共に在るという事実は、私たちに大きな喜びと力を与えます。戒律的な生き方、義務的な生き方から、心から湧き出てくる喜びや力によって生きる生き方へと私たちを変えました。

この素晴らしい福音の恵みを、単純に感謝し、喜びたいと思います。